職員採用情報

■正職員募集
当財団が札幌市の指定管理者として管理・運営する次の施設における各種業務、または財団運営全般に関する業務を担当します。
 [管理・運営施設]
  札幌芸術の森、本郷新記念札幌彫刻美術館、札幌コンサートホールKitara、札幌市教育文化会館、
  札幌市民ギャラリー、札幌市民交流プラザ(平成30年開館予定)
<募集職種>
(1)事務職員(一般コース)
芸術文化事業の企画・運営、施設の管理など事務全般を担当します。
(2)事務職員(文化施設等経験者コース)
芸術文化事業の企画・運営、施設の管理など事務全般を担当します。
<提出書類受付期間>
平成29年7月7日(金)から平成29年7月28日(金)まで  (消印有効)

<応募資格>
@年齢 (1)事務職員(一般コース)
平成30年4月1日現在35歳未満の方
(年齢制限は「雇用対策法施行規則第1条の3第1項3号のイ」の例外規定に基づく)
(2)事務職員(文化施設等経験者コース)
平成30年4月1日現在、満59歳までの方(当財団の定年は60歳)
A学歴・経験等 (1)事務職員(一般コース)
大学(大学院を含む)を卒業もしくは平成30年3月までに卒業見込みの方、または高等専門学校卒業以上で学位授与機構による学位の称号を取得もしくは 平成30年3月までに取得見込みの方
(2)事務職員(文化施設等経験者コース)
下記のいずれにも該当する方
  • 大学(大学院を含む)を卒業した方、または高等専門学校卒業以上で学位授与機構による学位の称号を取得した方
  • 公立ホール、民間ホールや劇場・美術館・ギャラリー、博物館など、公共文化施設等に常駐し、その事業運営や施設管理、または受付業務等に2年以上携わった経験のある方
Bその他
両コース共通して、パソコンのオフィスソフト(ワード・エクセル等)の基本的操作が可能で、札幌からの芸術文化の発信に高い関心と意欲をお持ちの方を歓迎します。
(1)事務職員(一般コース)
  • 新卒者のほか、様々なキャリアをお持ちの方も歓迎します
    @広く芸術文化に興味のある方
    A指定管理施設や公益法人、公共団体等の公的機関での勤務経験のある方
    B人事、総務、会計、経理、法務等の業務経験がある方
    C接客業務、交渉業務、広報やマーケティング業務などに携わっていた方
    D趣味で音楽、演劇、舞踊や絵画・工芸、書道などに造詣の深い方
(2)事務職員(文化施設等経験者コース)
  • 特に以下のキャリアをお持ちの方を歓迎します
公立文化施設等において
    @主催事業の計画立案及び運営実施に携わっていた方
    A施設管理や修繕など、設備関係業務に携わっていた方
    B施設受付や販売業務など、施設利用者との接客業務に携わっていた方
    C人事、総務、法務や労働関係法規等に関連する業務経験がある方
    D主に財務会計や経理業務に携わるなど、公益法人会計に明るい方
    E主務官庁や地方公共団体、関係各署との渉外業務に携わっていた方
    F文化ホール、劇場等の舞台技術に関し、管理運営の実績がある方
>>詳しくはこちらをご覧ください
募集案内(PDF版)

(1)受験申込書等【事務職員(一般コース)】

(2)受験申込書等【事務職員(文化施設等経験者コース)】